もち麦がダイエット?美容効果?
おいしくて続けやすい、
健康食「もち麦」のヒミツ。HEALTHY

 
「炭水化物抜きダイエット」「糖質制限ダイエット」が流行している今、“太るもと”としてマイナスなイメージを持たれがちな、ごはん。そんなごはんにもち麦を加えて「もち麦ごはんダイエット」をしている女性が急増!?実は女性の健康と美容の助けとなるもち麦のヒミツを探っていきます!

もち麦は水溶性食物繊維がとっても豊富!女性の強い味方なんです!

女性に大切な栄養素、食物繊維を摂るなら”もち麦”がイチバン!!水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれていて、総食物繊維量はなんと白米の21倍、玄米の3.5倍。

なかでも、もち麦に含まれる水溶性食物繊維「大麦β-グルカン」は、水に溶けやすい性質を持っていて、消化器官の中で水分に溶けてゲル状になり、他の食物をやさしく包み込みながら移動します。

この過程で、カラダに嬉しいイロイロな健康効果があると言われています。

もち麦に含まれる美と健康の栄養素

たんぱく質

たんぱく質は、生きていくうえで特に重要な栄養素です。エネルギー源として使われたり、血液や筋肉などの体をつくる主要な成分で、酵素などの生命の維持に欠かせない成分になります。

ミネラル

マグネシウム、カルシウムなどのミネラルを豊富に含むもち麦は、体の調子を整えたり、体を作るのに必要な栄養成分を補うことができます。
さらに、もち麦に含まれるカリウムには、余分なナトリウムを体の外に出してくれる働きがあり、塩分の摂りすぎや体のむくみを予防すると言われています。

ビタミン

もち麦には、健康維持や美容のサポートに役立つ栄養素のビタミン類も白米に比べて多く含んでいます。

GABA

GABA(ギャバ)とはアミノ酸の一種で、リラックス効果があることで近年注目されている成分です。
脳内の興奮を鎮め、平常心を保つ手助けをしてくれる癒しの存在です。
また、血圧降下作用もあることから、高血圧から引き起こされる脳卒中などの予防にも働きかけます。

炭水化物・糖質は太る?
は大きな間違い!

お米の主な栄養素である炭水化物は、活動するための大事なエネルギー源!

炭水化物が消化される過程でブドウ糖が生成され、その一部はグリコーゲンとなり、体の活動を支えるエネルギーになります。

ダイエットのためにも、このエネルギー源が大切なんです。
エネルギー源がないと、脂肪を燃やすためのエネルギーも作れないし、代わりに筋肉がエネルギー源として使われ、代謝が落ちて痩せにくくなってしまうと言われています。

炭水化物も糖質も、食べすぎはよくはないことは確かですが、自分の体にあった量を摂取するように心がけるようによって無理のない健康的な体作りができるようになります。

おすすめ商品

続きを見る